着物の種類について

着物の種類について

着物を含む和装には、着物の種類から小物に至るまで格があります。この格がとても大切で、TPOに合わせた物を選ぶ事が大事になってきます。どんなに自分に似合っている着物でも、TPOに合わせることが出来なければ相手に大変失礼になるので気をつけます。 まず着物の格の高い種類の順から、礼装着(第一礼装)があり、打掛?木振袖?黒留袖?喪服等、特別な時や公的な儀式の際に身につけます。次に略礼装着(準礼装着)です。色留袖?訪問着?振袖等、入学式や結婚式の披露宴などの服装です。その次は外出着で、付け下げ?小紋?紬の訪問着等、趣味〜少し格のあるものまで幅広く着ることができます。最後に街着?浴衣?ウール等、普段着からちょっとした外出などにもつかえます。このように着物の種類にはたくさんあり、また格によって細かく分類されていることが分かります。着物は日本の伝統的な文化なので、少し難しいですが知っていて損はないかと思います。

recommend

ペット火葬を太田市で探す

最終更新日:2018/8/23

トップへ